秋田県教職員組合 Akita teacher's union

秋田県教職員組合(秋教組)は秋田県内の小中学校の教職員を主な構成員とする組合です。

教員免許状の更新手続き

※更新手続きに関わる組合からの補助金等については、全員が1回目の更新を終えたところで終了しました。

更新対象者かどうか確認する

あなたは更新対象者ですか?対象者であることを確認して下さい!

旧免許状所持者(G3)+新免許状所持者(S4)が今年度からの対象です!

今年度(2021) 対象になるのは、下記の1~3のいずれかに該当する方です。

  1. 旧免許状所持者:早見表の「G3」の方
  2. 新免許状「S4」:有効期間満了の日が令和5年3月31日の方
    • 「S4」とは、秋教組が使用している呼び方です。
  3. 昨年度から続けて受講中(G2の方+S3の方)で、まだ交付されてない方

「旧免許」と「新免許」の区別について

「旧免許」と「新免許」の区別については、下記のファイルをご覧ください。

教員免許更新申請区分について

教員免許更新 新・旧免許申請区分については、下記のファイルをご覧ください。

  • 旧免許状所持者に新たに授与される免許状は、平成21年4月1日以降であっても、旧免許状(免許状に有効期間の記載がない免許状)になります。更新手続き後も旧免許状・新免許状の区分に変更はありません。
  • 新免許状所持者は、免許状に記載の「有効期間の満了の日」の2ヶ月前までに手続きを完了しなければ、お持ちの免許状は失効します。

受講の注意点

講習は、対象となってから「2年間」で受講を終えなければいけません。
失効を防ぐため、早めの受講をおすすめします!

受講免除者・免除事由

受講免除者などは秋田県公式サイトでご確認ください。
リンク:美の国あきたネット(秋田県公式サイト)教員免許更新について

文部科学省 参照リンク

制度の概要を詳しく知りたいリンク:文部科学省「教員免許更新制とは? -解説とQ&A-」
最初の修了確認期限を確認したいリンク:文部科学省「修了確認期限をチェック」
文部科学省が提供する最新情報を入手したいリンク:文部科学省「お知らせ」

お問合せ

教員免許状を紛失した等、個別に問い合わせが必要な場合は、下記にお問合せください。

お問い合わせ先電話番号
秋田県教育委員会 義務教育課調整企画・教員免許班018-860-5141

教員免許状更新講習を受講するには

免許状更新講習の開設状況を検索する

文部科学省が認定する全ての免許状更新講習について、講習の領域毎(必修領域・選択必修領域・選択領域)に、開設地域別で検索することができます。

リンク:文部科学省「講習開設情報」

免許状更新講習を開設している大学等について(一部)

昨年度は、新型コロナウイルス感染防止対策のため、秋田・岩手・弘前の3大学の講習はweb配信となりました。

30時間の講習は、複数の大学に分けて受講しても構いません。

受講を希望する大学のHPで講習の選択をする

秋田大学の例

2021年4月1日(木)より、下記のページで募集要項が公開されています!

リンク:秋田大学「秋田大学教員免許状更新講習(募集要項・マニュアル)」

  1. 秋田大学で受講するためには、受講者IDとパスワードが必要なため、事前にHP上で受講者登録をする必要があります!登録には個人メールアドレスが必要です。
  2. 講習を選択する。
    ※新型コロナ感染拡大防止のため、web講習になる場合がありますので、ご確認ください。
    • 必修領域  (6時間)×1日 「教育の最新事情に関する事項等」
    • 選択必修領域(6時間)✕1日 「免許状の種類・経験に応じた教育課題等」
    • 選択領域(6時間)×3日 「教科指導、生徒指導や教育内容の充実に関する事項等」
      • (計5日分(30時間)を選択して下さい。)

秋田大学は、例年5月初旬から先着順で受講申込が開始されます。

体験談:秋田大学での受講

 昨年、私も受講対象でしたので秋田大学で受講しました。秋田大学の講座は、すべてweb配信でした。試験は、視聴後1週間以内にリポートか選択式の問題を解いて提出するものでした。昨年は、選択必修の講座が秋田大学では開設されなかったため、急遽、岩手大学にも受講を申し込みました。両大学ともweb配信でしたが、秋田大学は講座視聴は開設日が1日間だけでしたので、その日に視聴しなければいけませんでした。しかし、岩手大学は視聴期間が1週間ほどあり、期間内であれば視聴可能でした。受講はどこの大学でも構いませんので、web配信であれば講座の内容やご自分の都合に合った大学から選択することをお勧めします。

受講申込みをする

秋田大学の例

  1. 秋田大学の場合は、WEBによる申込です。
  2. 定員内であれば受講決定
  3. 受講

受講申込は、それぞれの講座開設日の約2カ月前から始まり、随時申し込みを受け付けています。
講座により受講定員が決まっていますので、受講は先着順で決定します!

webで受講予約後、受講料の払込みをします

秋田大学の例

  • 定員内であれば、受講予約となり受講料の払い込みを行います。
  • 秋田大学の場合、コンビニからの振り込みです。

受講  

  • 受講は、対面講習 or web講習 or 通信講習等(テキスト使用)大学によって違います。
    昨年度は、コロナ感染拡大防止のため、ほとんどの大学がweb講習でした。
  • 受講後、認定のための簡単な試験(リポートや記述・選択問題試験)があります。
  • 受講は、対象となってから2年以内に行わなければいけませんので計画的に進めて下さい。

修了確認申請の方法

受講終了後 → 県教委へ更新講習修了確認申請をします。

  1. 受講修了後、大学等から履修証明書が送付されてきます。
    • すぐには来ませんので注意!(秋田大学の場合、前半の講座は10月 後半の講座は12月に送付されてきました。)
  2. 30時間分の履修証明書を添えて、県教委に修了確認申請をします。
    • 同一大学で30時間の講習を終えた場合は、大学から講習修了証明書が送付されます。

県教委への修了確認申請に必要な書類と留意事項

申請書記入例が記載されていますので、お間違えの無いように記入して申請して下さい。

申請には手数料が必要です

手数料3,300円分を、秋田県収入証紙で納付しなければいけません。
証紙は、下記の納付書に貼って提出します。

秋田県収入証紙は、下記の場所で売っています。

申請書類の申請先(角形2号封筒使用)

封筒の表に「更新講習修了確認申請書在中」と朱書きして下さい。

住所〒010-8580 秋田市山王三丁目1-1
宛先秋田県教育庁義務教育課 調整企画・教員免許班

確認申請 → 県教委より「更新講習修了確認証明書」が送付されます

  • 講習修了確認申請書が受理されてから1週間ほどで、県教委から「更新講習修了確認証明書」 が送付されてきます。
  • 更新講習修了確認申請は、免許有効期限の2ヵ月前(1月末)までに終了させなければいけません。
  • 「更新講習修了確認証明書」は、大切に保管しておきましょう!

秋田県教職員互助会へ、教員免許更新講習受講補助金を申請します                                                                        

県教委から「更新講習修了確認申請書」が届いたら、補助金(10000円)の申請ができます。

補助金申請書の送付先

住所〒010-8580 秋田市山王三丁目1-1 秋田県庁第二庁舎6階 福利課内
宛先秋田県教職員互助会

お役立ちダウンロード一覧 修了確認申請書等について

ダウンロードしてご活用ください。     

① 更新講習修了確認の申請に必要な書類&提出前チェックシート

② 更新講習修了確認申請書

③ 県証紙納付書

④ 互助会への補助金申請についての説明

⑤ 教員免許状講習受講補助金申請書

⑥ 【旧免許】修了確認期限の延期をする場合

⑦ 【新免許】有効期間を延長する場合

⑧ 【旧免許】受講免除を申請する場合…新免許の方は県教委にお問い合わせを!

ページトップへ戻る